商品紹介

韻(Hibiki)

空間と時間のボーダーを超えて魅了する敷瓦の新たな世界。

韻イメージ

敷瓦 韻

伝統的な敷瓦の精神をシンプルかつモダンに洗練させたノミズの敷瓦シリーズ「韻」。
豊富なバリエーションの形状・サイズで、現代の景観創造においても手軽に利用できるラインナップを取り揃えました。エクステリア材としてばかりでなく、インテリア材としても新たな感覚の空間を演出し、設計者の豊かなイマジネーションにお応えします。

※色調には、日本の伝統美である“いぶし”のほか、窯変の深遠な美しさをたたえる“焔”をご用意しています。

古美ていく魅力を、新築時から表現。

古色

瓦には、時間のなかで蓄積される「侘び寂び」の美があります。「古色」は、韻シリーズに経年変化したような“古美ていく”味わいを再現、いぶし瓦ならではの魅力を、新築時から表現できるよう表面加工を施した特注仕様です。格調高い世界観や、古典的な伝統美観を意識した空間に、ぜひご活用ください。

ペーパー掛け仕様

ペーパー掛け仕様

植物性ワックス塗布仕様

植物性ワックス塗布仕様

柔らかな光の反射が奏でる、エレガンスな空間のシンフォニー。

暈イメージ1 暈イメージ2

暈

淡路の大地が生んだいぶし瓦の品良い輝き。「暈」は、緩やかなアールを帯びたふくらみのある形状が、天井からの照明の光を柔らかに反射し、優美な表情を演出します。主に店舗空間などの敷瓦として、柔らかな光の演出効果を楽しめることができます。

Works

  • 目黒 梅軒

    200角敷瓦

  • 恵比寿 日本料理 四A22

    200角敷瓦

  • 箱根 強羅花壇

    300角敷瓦

  • 奇跡の☆植物館

    300角敷瓦

  • 暈 デモ貼り 

  • 六本木ミッドタウン内店舗

    150角敷瓦

  • 六本木ミッドタウン内店舗

    150角敷瓦

  • 淡路石上の家

    300角敷瓦

  • 人形会館

    100角敷瓦

  • 新宿 瑠璃光院 白蓮華堂

    300角敷瓦

  • 滋賀 ギャラリ- S

    150角敷瓦

  • 恵比寿 日本料理店

    200角敷瓦

  • 銀座 けせらせら

    200角敷瓦

  • リスン京都

    200角敷瓦

  • リスン京都

    200角敷瓦

  • グランツリ-武蔵小杉 店舗A

    150角敷瓦(150角枡形瓦)

  • グランツリ-武蔵小杉 店舗A

    150角敷瓦(150角枡形瓦)

  • 北淡中学校 中庭焔

    300角敷瓦 滑り止め加工

  • 北淡中学校 中庭焔

    300角敷瓦 滑り止め加工

  • 姫路 エステサロン

    300角敷瓦

  • 播州信用金庫

    300角敷瓦

  • 淡路島の家

    300角敷瓦

  • 堺の家

    200角敷瓦

  • 奇跡の☆植物館

    300角敷瓦

  • 鎌倉 安国論寺

    200角敷瓦

  • 淡路岩屋公民館

    300角敷瓦

  • 引田 浄水場

    300角敷瓦

  • 引田 浄水場

    300角敷瓦

  • 六本木ミッドタウン内店舗

    150角敷瓦

  • ザ・ウインザーホテル洞爺

    300角敷瓦

Detail

サイズ表
PDFダウンロード

物性データ

圧縮強度(kgf/cm280~100
吸水率(%)10~15
耐摩耗性(g)0.06~0.08(JIS A 5209)
凍結融解異常なし(10回以上)
すべり抵抗値(BPN)80~85(ASTM・E-303による)

敷瓦のお手入れ及び施工上の注意

敷瓦は比較的柔らかい素材のため、表面には傷が入りやすい特性があります。
無数に入った擦り傷が味わいとなり、古都奈良の社寺では奈良時代から1000年以上経過した現在もそのまま使用されている例も見られます。
また、お好みによりますが、表面に油を染み込ませ、墨色の状態で使用される場合もありますので、その油の塗布方法の推奨例を参考までにご紹介させていただきます。

■使用油:植物性(椿油・菜種油・大豆油)
■塗布頻度:一週間に1~2回程度で4~5回、定着するまで繰り返す。塗布しない間は軽く水拭き(1日1回程度)
■塗布道具:ウエス・モップ・雑巾など柔らかい布

塗布は敷瓦の施行終了後、接着剤の乾燥等施工された敷瓦が十分に安定したことを確認してからお願い致します。
使用油は椿油が最適のようですが、高価なため、菜種油でも十分効果が得られるようです。塗布頻度は施工された場所の湿度等の環境により左右されますので、乾いた頃を見計らって再度塗布してください。
最終的には黒く鈍く光る状態で定着します。
以上、あくまでも目安ですので、工夫をしながら敷瓦のメンテナンスを楽しんで頂けると幸甚に存じます。いぶし瓦の古美る美しさを是非お楽しみください。

施工上の注意として

手の汗でもシミになる場合がありますので、取り扱いには乾いた手袋を着用してください。
養生テープも直接貼らないでください。テープの種類により表面の炭素膜が剥がれる場合がございます。 瓦以外の周囲の建材等に養生材を固定するなどの方法を用いてください。

瓦の景観材・壁材・ガーデニング材・エクステリア建材としての施工や設計に関する具体的なご相談を承ります。資料請求もお気軽にお申し付けください。

お問い合わせ:TEL.0799-36-2180

メールでの問い合わせ

  • 野水瓦産業株式会社公式サイト
  • facebook
  • 野水瓦産業「EARTH WARE」
  • かわら瓦